魔王、旅に出る

天の邪鬼のお気楽極楽日記ですw

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奔る合戦屋の続きに期待大!

★続きが待ち遠しい北沢秋の歴史小説★

「哄う合戦屋」は時代考証をキチンと整理した歴史小説だった。

しかし「のぼうの城」の二番煎じという感じがして、比較してしまうと物足りなさが否めない小説だった。

しかし、その後に発売された「奔る合戦屋」は、主人公「石堂一徹」の前半人生を余す事なく描き、「哄う合戦屋」に至る彼の生き様が良く分かる。

奔る合戦屋①

下巻の袋閉じカバーの「待ち受ける結末にただただ涙」

本当である(笑)

この本を読めばさきに発売されている「哄う合戦屋」をこの後に読みたくなる事は間違いないであろう。

warau01.png

明日の人生さえ約束されない戦国時代の渦中にあった人々の想いがそこにはある。

心を通わせた若菜を守るために、武石峠で迫りくる五百の仁科勢を僅か二人で防ぐという壮絶なラストシーンでこの物語は終わるのだが、その続きがこの夏に発刊されるという。

「翔る合戦屋」

信州を飲み込む大蛇である武田晴信に挑む石堂一徹の心意気と策略、若菜とのその後の揺れる思いの展開に期待している自分がいるのである(笑)

スポンサーサイト

*Comment

 

合戦屋シリーズの時代考証は適当では?
特に奔るではそれが醜過ぎる。
領地を ○○石と数えたりはまだいいとして、
勘定奉行、お家断絶、街で豪遊など、
江戸時代の大名家のいわゆる悪奉行の話しのような事を書いているが、
戦国時代、特に村上義清の時代にはそんなものないでしょ。
貨幣経済すら信濃の田舎ではどれだけ発達していたかって時代に。
夜這い制度の話も、確か別の作家の本では、西日本のみの習慣で、
関東では文化が違うって書いてあったと思う。
前作は時代考証の甘さは許容範囲で、そもそも架空人物の話だから、
ストーリーの面白さで楽しく読んだけど、
奔る合戦屋はあまりに酷い時代考証に読むに堪えなかった。
江戸時代とごっちゃにするくらいならくどくどと説明なんてしないで、
さくっと1冊にまとめておけばいいのに。
  • posted by 通りすがりのおじさん 
  • URL 
  • 2013.06/15 04:28分 
  • [Edit]

Re:通りすがりのおじさんへ 

ご意見ありがとうございました。

時代考証ですか・・・それも大切かもしれませんが、私の世代も含めて自分の国の歴史にすら興味が持てないのはこの国の歴史教育の大きな欠陥だったのだと思えませんか?
原始時代から縄文、弥生、大和朝廷を経て平安時代・・・・つまらない。
受験対策用に年号を語呂合わせで覚えて時代の変遷や背景など無視した歴史授業。
そんな中で歴史に興味を持つ人なんて、ゴミ箱の中から仁丹の粒を探し出すほどの確率論。現在も似たようなものでしょうか。
でも、源平合戦や南北朝の争乱、応仁の乱から戦国時代、幕末の動乱は単一民族の日本人が越えてきた苦悩を、そして日進戦争、日露戦争、二つの世界大戦は急激に拡大していったナショナリズムを制御できず暴走してしまった検証を重ねるべき我々の歴史であることを認識するべきでしょう。

少々古い言葉ですが、「血沸き肉躍る」

北沢秋氏の三部作は、まさに少年の頃に描いていた戦国時代の「躍動感」「空しさ」「緊迫感」そして「切なさ・愛しさ」を表現しています。

関所があったとか、楽市楽座があったとか、夜這いとかどうでもいいんです。
そう、貴殿が述べたとおり「ストーリーの楽しさ」と7「次はどうなるのか?」というハラハラ感が全てですね。

中世城郭とか戦国時代が好きな仲間も大好きな三部作です。皆その時代に精通している連中ですが、そんなことは妄想の範囲内で誰もケチはつけません。大絶賛です(笑)

「こんな時代があったんだ・・・」

歴史に愛想を尽かした若い世代が、この本で歴史に興味を持ってくれるなんて素晴らしいと思いませんか?
こういう時代だったんだ!と決めつけてしまうことが歴史学をつまらないものにしていると思っています。
生意気な返答でスミマセン。
  • posted by 番犬ガルム 
  • URL 
  • 2013.06/17 21:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://galm2fox2.blog39.fc2.com/tb.php/467-9aba18c8

左サイドMenu

不器用な自分ですが・・

番犬ガルム

Author:番犬ガルム
猫に憧れる忠実な地獄の門の番犬として「ありふれた人生」を探していますが、まだ見つかりません・・・まだまだ旅の途中!

番犬ガルムのカレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事です

くろック ALL STARS

スイッチを入れてネ!

blogram投票ボタン

ブログの乱世を駆け抜ける!

クリックしてくれると何だか照れる

FC2Blog Ranking

ようこそガルムランドへ

チャンネルはそのままで・・

現在の閲覧者数:

iTunes 最新チャート

あなたの街の空は?


-天気予報コム- -FC2-

売店コーナー

gooも宜しくネ

グーバーウォーキング

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。